地球を守る取り組みを行う事業者と、
それを応援する企業を結びます

私たちフェイガーは、農家向け脱炭素施策の収益化とカーボンクレジットの流通サポートを行っています。日本ではまだ数少ないクレジットの生成から販売までを一貫して取り組んでいる企業のため「脱炭素に取り組む生産者の顔が見えるクレジット」を企業に提供し、カーボンオフセットだけではなくPRも含めた価値を提供しています。

弊社のビジネスモデル

農業由来カーボンクレジットの生成販売

農家様と協力して
カーボンクレジットを生成

企業様のカーボンクレジット
調達をサポート

農家様

農家と共同して
脱炭素農業を推進

取組の成果を
クレジット化
J-Credit, ボランタリークレジット
<VCS, Gold Standard等>

収益を還元

FAEGER

当社の農業由来
クレジットの販売

クレジットの活用
(オフセット)

企業様

ピックアップ

設立の背景、2023年度の活動、協力生産者の声、2024年度に向けたチャレンジなどをまとめたインパクトレポート、こちらからダウンロードできます。

企業参加型プログラム「Alliance for sustainable agriculture, resilient food system, and climate action」を発足いたしました。

農林水産省主催の「アジア開発銀行(ADB)拠出事業による水田メタン削減に関するJCM を活用したフィリピン方法論案の公表に係る記者発表会」に出席しました。

ニュース

2027年までの日本の成果予測

2023
生成クレジット(実績)

1,600ha

6,000t-CO2e

参画地域数

14 / 47
道府県

取り組み生産者数

60

2024
生成クレジット(見込)

35,000ha

100,000t-CO2e

参画地域数

33 / 47
道府県

取り組み生産者数

2,000

2025
生成クレジット(見込)

150,000ha

450,000t-CO2e

取り組み生産者数

10,000

2026
生成クレジット(見込)

250,000ha

750,000t-CO2e

取り組み生産者数

15,000

2027
生成クレジット(見込)

300,000ha

900,000t-CO2e

取り組み生産者数

20,000

生産者の声

フェイガーがJークレジット制度へ申請・登録した
2023年「水稲栽培による中干し期間の延長プロジェクト」
にご協力いただいた生産者の声を紹介します。

フェイガーへのお問い合わせはこちら